【矢口敦子】

 

 

【真夜中の死者 (矢口敦子・カッパノベルズ)】

インターネットを題材にしたミステリーです。今まで読んだインターネット殺人といえば

覆面性をメインに押し立てたものが多かったのですけど、これはそれより一歩踏み込んで

ドラッグ系の話まで進んでます。ま、ご時世ネタといわれればそれまでなのでしょうけど

ただこの世界の場合、事実は小説より奇なりという言葉がまさに当てはまる訳で、今と

なってはちょいとインパクト弱いかな。それでもそれなりに面白かったし、お手軽に読め

るので、時間のある方はど〜ぞお読み下さいませ。