〜大麻(たいま)なお話〜

何をいきなり物騒な・・・と思われる方もいらっしゃるでしょうが、確かに物騒な事を仕事上で

経験しましたので、それをご報告させてもらいます。                   

【事の発端】

とあるお客から『大麻らしきものが植えられているので除去してほしい』というものでした。最

初はホントかいな・・・と半信半疑(だって大麻なんて見たことないじゃん)でしたが部署内で

一度確認に行かなきゃ・・・ということになり、私と上司とで現場の確認に行ってきました。 

【現場の状況】

更地な土地に入ると藪の奥に人為的にに植えられている植物が数カ所発見されました。おそらく

これであろうということで写真を撮り一本会社にもって返り、インターネットでDLした写真と

照合しました。しかし似てるけれど本物かどうか確認出来ない状況でしたので、土地所有者に確

認の上、保健所に連絡して確認してもらうことになりました。               

【保健所にて】

翌日、保健所から連絡があり、持ってきて欲しいとのこと。車で1時間ほどかけてA保健所へ持

っていった。そこで担当者は大麻のしおりや図鑑を用いて確認する事30分、おそらく大麻であ

ろうということになり、大麻は鑑識に回され私は会社に戻り結果報告を待っていました。   

 【結果発表&事情聴取】

検査の結果大麻である事が判明。この対処にあたって、警察が来るとの事。上司が現場へと案内、

現場の大麻全てを押収してきました。そして事情聴取。こちら側は上司と私、警察側は何と麻薬Gメン

の方2名と保健所の方2名、検査センターの方1名で行われました。 供述調査書という話した内容を

文面にしたものと、任意提出書というこちらから大麻を提出する旨の書類を出し。無事終了。一件落

着となりました♪それにしても大麻だと通報してきた人ってよく分かったなー。きっと経験者だったの

でしょうね〜(失笑)。                                              

【大麻についての基礎知識(?)】

調査に出向いた調査官(麻薬Gメン)・・・厚生省 東海北陸麻薬取締官事務所麻薬取締官

                             &司法警察官兼麻薬取締官

                    G→ガバメントの略。庁直轄の捜査員のこと。

大麻取締法・・・生産したものは懲役7年以下の刑に処す。営業目的で生産したものは懲役

7年以下、もしくは300万円以下の罰金に処す。  

【大麻情報】  大麻はどのような土地でも種植えする時期と間引きを行えば、生産出来る

。成長した大麻は2メートル近くになる。      

      茎は四角。幼葉は双葉、大きくなると片葉になる。葉は細くギザギザ。

       身を鳩の餌として栽培されているが、生産には都道府県の知事の許可を受

   けなくてはならない。                   

       乾燥させると幻覚症状を起こす薬物となる。葉、茎、花弁の部分がそれぞ

       れ違った成分の薬物となるが、一番勧誘率が高いのは花弁の部分である。

          日本で生産されたものは幻覚症状を引き起こす成分の含有率が低いので、取り

引きには向かない。                          

  若者や主婦の間でかなりの量が出回っているのは事実である。

       殆ど成分の含まれていない大麻の葉を吸って、精神的に満足しちゃう輩が

多かったりするそうです。              

taima_1.jpg (97373 バイト) taima_2.jpg (96340 バイト)

return.gif (6755 バイト)