【殊能将之】(しゅのうまさゆき)

 

ハサミ男(殊能将之・講談社文庫)

メフィスト賞受賞作品ということで以前から気になっていた小説がいよい

単行本化したので(恐る恐る)読み始めたところ、とても楽しくあっと

う間に読終わってしまいました。最初のドキドキ感とそのかわされ方

また視点二転三転してゆくシーンには釘付けになっているのと同時に?

(理不能)になってしまい何回か読み直してしまいました。こんな

に夢んだのってホント久々だよなぁ。趣が違うと聞いた『美濃牛』

『黒い仏も楽しみですねぇ。早く単行本にならないかしら♪

 

 

go contents   go mystery home