恩田陸

恩田さんの特徴といえば、どの作品にもファンタジックな味付けが

してあるところでしょうか。この雰囲気が好き嫌いの分かれるとこ

ろになるかもしれません(私は結構好きですけど)。

 

 

蛇行する川のほとりに(恩田陸・中央公論新社)

1〜3巻の書き下ろし連作集になる本書は、恩田さんお得意の女子校生モノ

いうことで否が応でも期待してしまうところなのですが、1巻を読んだ時

は何だかどこかで読んだことがある様な内容のよーな・・・短編だから仕方

いか・・・何て思ってましたけど、2巻の終わりでハッとさせられ、最後

の3巻では余韻に浸ることが出来る良い作品でありましこれは逆に一

にまとまっていて一気読み終えてしまうより、より印象的な作品に仕上が

ていると思います。流石恩さん!と言える大満足な作品なのでした♪

 

木曜組曲(恩田陸・徳間文庫)

有名な作家である重松時子が自殺により亡くなってから4年が経過した。

生前から時子の家に集う会に集まった時子の血縁者である4人の作家と編

集者の元に届いたカサブランカの花束がきっかけで、それぞれが胸に抱い

ていた時子死因にまつわる疑問(自殺or他殺)を作家の視点で議論(推

・妄想)し合います。面白いのがそれぞれのジャンルの作家の視点か

プロフェッショナルな意見が繰り広げられいるところでしょうか。ま

この世界に自然フェドイン&アウト出来るのも相変わらずさすがです

。のめり込み度でいえば恩田さんの十八番である女学生モノの方が上かも

しれませんが、この作品も中々上質だと思いますよ。

 

puzzle(恩田陸・祥伝社文庫)

オランダの亡霊船や地図の地図の作り方、昔炭鉱があった無人島で変死体

偶然見つけたという何等関わり合いの無さそうな記事が記載されていて

読む者をむ者を急遽世界に引きずり込む感はあますが、その後の展開は

中々に見事で、あっという間に幻想的な無人島の世界に引きずり込まれて

しまいました。ただこの小説、長編にすればもっと面白かっただろうな・

と思わせてしまうのは失敗でありません?祥伝社の企画として讀み易い

編物を!という事なのですけど、この手の小説でこの厚さだと書き込

不足にになっちゃうから難しいよなって思いました。駅の売店で売られ

たら手を伸ばして消化不良に陥り、その後他の作品を読んでもらええう

流れが理想なのでしょうけど・・・やっぱ難しいわな。

 

黒と茶色の幻想(恩田陸)

【お勧め度】★★★☆☆

大学時代の友人であった男女4人が10数年後に再会し屋久島旅行を

する。登場物の4人それぞれが持つお互いに絡み合った過去のという

材を屋久島と太古の森の中き明かしてゆくという、非日常の

の日常ミテリー作品とでも申しましょうか。地味な題材ですがそこは恩

さんらしく細く張り巡らせた謎により中盤からぐっと引き込まれてい

ました。恩田作品の中で大好きな「麦の海に沈む果実」なテイストも

まれています。また、恩田作品の中では比較的読みやすい(感情移入し易

い)作品だと思いますので、ちょっと長めですけどお読みくださいませ。

 

上と外 1〜6巻(恩田陸・幻冬社文庫)

[お勧め度]★★★☆☆

「ハ〜イ、チカ。」
「ハイ、レン。」
「ヤクソクオボエテル?」
「モンジャヤキ、タベニ、キタ・・・」

文庫本で書き下ろされた作品であるのと同時に1〜2ヶ月に1冊ずつ発

行されました(栗本薫さんのゾアディックシリーズと同じですね)。メ

キシコの滞在する父の元に訪れる母と子供たち。しかし突如勃発したク

デターにより、ヘリコプター遊覧を楽しんでいた家族のうち子供2人

がヘリコプターからジャングルへと投げ出されてしまった。九死に一生

を得た子供たちのジャングル放浪&脱出記が様々な視点から描かれてい

す。この描写表現がスピード感があるので子供たちのスリルな感じ

よく伝わり、夢中になって読んでしまう程面白かったです。恩田さんの

作品としてはリアルな世界観の比率が多かったです。

ただ残点を挙げるとするならば「単価が高い」ことですね。1冊ず

入出来れば問題ないのですがまとめて購入すると結構な出費になっ

ちゃうので手を出さない人もいると考えると『もったいないなぁ

って思います。

 

三月は深き紅の渕を(恩田陸・講談社文庫)

[お勧め度]★★★★☆

短編連作な形式の作品です。ただ個々の作品だけではそれ程盛り上が

けでは無く淡々と書き連ねてあるのですが、これが1つのテーマに繋

がって答えが導かれてゆきそうになる時に、『恩田作品の中で最仮想

現実に引き込まれる凄味(味わい)の作品に仕上がっていな・

と感じたのでした(特に第4章は圧巻です)。ただ本を読む前

に「麦の海に果実」を読しておくことをお勧めいたます。

 

光の帝国〜常野物語(恩田陸・集英社文庫)

[お勧め度]★★★★★

様々な特殊能力を有する「常野」の住人たちの悲哀と喜びを描いた短編連作

集です。今まで読んだ恩田ワールドの中でこの作品が一番好きです。きっと

終わりがカチッと決まっていたからなのでしょうが、未来のある終わり方っ

て好きなのです。ま、作品の質にもよりますけどね(笑)

 

球形の季節(恩田陸・新潮文庫)

[お勧め度]★★★☆☆

オブラートに包まれたようなホラーテイストな作品でした。雰囲気は学校

がメインに描かれている下にいてある『六番目の小夜子』と同様、セピ

色がかっているのですが、怖さの対象物も同様にセピア色がかっている

ので怖い・・・というより何というかしみじみと読めてしまうんですよ。

話の中に出てくる”噂”も、重要なファクターとしてではなく「こうい

のもあったよなー」という見方をしてしまいましたもの。


月の裏側(恩田陸・幻冬社)

[お勧め度]★★★☆☆

じわっと余韻の残る怖さを感じることの出来た作品でした。また、何とな

くファンタジーとホラーの境界線を考えさせられる作品でした。ホラー作

品というのは感覚的に恐ろしいと思わせるのですが、同じように恐ろしい

題材を扱っていたとしてもそれが自分自身に全く影響しないものであれば

、それはファンタジーになってしまうのかな・・・と。この作品は私が恩

田さんの作品で始めて本当にある地名が出来てます。これがこの品をぐ

っと引き立たせているのですが、前述した通り何か違和感を感じしまっ

たのも事実です。淡々と読んでしまうのは章立てのせいなのかな?

 

六番目の小夜子(恩田陸・新潮文庫)

[お勧め度]★★★☆☆

とある進学校で3年に1度現れるの「サヨコ」。当事者だけに伝えられて

く伝承により様々な生徒に様々な形で伝わっているが正確に全貌を捉え

ているものはいない。そして転校生としてやってきた小夜子の不可解な行

動。そんな出来事が間近で起こった「秋」はその謎が「サヨコ」にある

え、解明すべく行動するのだったが・・・なんて書くと推理モノのよう

感じる(それは決して間違ってはいないのですけど)が、サラリと流

ようなセピア色の文体が過去を懐かしんで書かれた青春モノのように

じてしまいました。主人公達は高校3年生として最後の高生活を過

てゆくのですが、心理描写が非常にリアルで何だか自分学生時代を懐

しく思い出しながら読んでいました。

 

不安な童話(恩田陸・祥伝社文庫)

二十五年前に変死した画家である高槻倫子の遺作展示会に赴いた教授の秘書

ある古橋万由子。しかしその会場で既視感に襲われ『鋏が・・・』と呟

がら卒倒してしう。この出来事が呼び水となり高槻倫子の絵に深く関わ

ゆく。そして・・・。

とにかく読みやすいというか夢中になって読んでしまった作品でした(「

海に沈む果実」と同じやねん!(笑))。読んでゆくうちんだはずの

槻倫子強烈な個性(ある意味とても人間らしい)細かく丁な記述が、

まるで彼女が生きているかの如く生々しく描かれています。「麦の海に〜」

と同じく分類すればミステリーになるのでしょうが、純粋な謎解き物では

りませんのでご注意を。彼女の作ったリアルファンタジーな世界が好きな方

はお勧めです。

 

麦の海に沈む果実(恩田陸・講談社)

[お勧め度]★★★★★+★★

灰色の空、そして左右に広がる無機質な湿原の奥に存在する青い丘にひっそりと

全寮制の学園に入学した水野理瀬。そんな幻想的な舞台で彼女を襲う怪奇な

や学友達。これに立ち向かう理瀬だったが・・・と書くとホラーのようです

ンルで分けるならちゃんとミステリーな作品です。ファンタジー作品か思わせる

ような冒頭の文章ですっかこの世界に魅了れ、すっかり一生徒って読んで

しまいました(笑)作品的にしっかりツボをえているまとまた作品だった

と思います。賛否両論な部があるかもしれませんがが、最でしっかりと、

そしてしんみりと読ませくれたので○です。今度は『こテリーが面白い

でこの本より上位だた『月の側』を読んで感想を書いてみようとます。