【京極夏彦】

京極作品といえば蘊蓄(うんちく)と榎木津センセの切れまくりぶりがいい京極堂シリーズですよね。
でも前作は次シリーズへの布石・・・みたいな感じで読んでいてイライラしちゃいました。
特にお気に入りだった茜さんが死んじゃったのが寂しい・・・(涙)

 

姑獲鳥の夏     ★★★★☆   京極ワールドへ誘う狂気性十分な作品。

狂骨の夢      ★★☆☆☆  

魍魎の匣      ★★★★★+★ 木場刑事の魅力全快!大好きな作品です。

鉄鼠の檻      ★★★★☆   実はこの作品を一番初めに読んでしまい???でした(T_T)

絡新婦の理     ★★★★★+★ 茜様LOVE♪桜を見ると、今でも終幕の情景が脳裏に蘇っ

                  てきます。 

塗仏の宴・宴の支度 ★★★★☆   茜様〜(T_T)

塗仏の宴・宴の始末 ★★★☆☆   新章を迎えるに辺り、キャラクターの整理がついていない感

                  じがします。

嗤う伊右衛門    ★★★☆☆   皿屋敷ですけど実に怖い・・・でも引き込まれる・・・。

 

 

 

陰摩羅鬼の瑕(京極堂夏彦:講談社ノベルズ)

久々の京極堂シリーズが読めて素直に嬉しかったし、厚さも十分読み応えも

ったし、内容も京極堂の世界の原点に戻ったような感じでしたし、相変わ

ずの憑物落としは相変わらずの切れ味でしたし、関口巽センセの成長ぶり

拝めたし、ちょこっとだけ大好きな木場刑事も登場したし、存分に楽しめ

した。しかし何が面白かったかというと、儒教と日本の宗教の絡み(絡ま

方)でしょうか。ふーん・・・って想いながら読んでいた感じは『QEDシリ

ーズ』を彷彿とさせたりしました。また、帯に書いてある「あの夏の衝撃が

る」とあるように、確かに色々な面で彷彿とさせます。どの辺りか・・・

ご自分でご確認下さいせ。

 

今昔続百鬼(京極夏彦・講談社)

京極堂が活躍するシリーズに少しばかり(インパクトはかなり強烈なの

ですけど)登場する妖怪博士な多々良センセイとその助手(のような)

沼上五郎の珍道中な物語になっております。相変わらずの妖怪絵図の後

に小説が書かれている形式で3編収録されています。作風も京極堂シリ

ーズとそれ程変わらないのですが、何となく微笑ましいのは多々良セン

セのキャラクターとふくやまけいこさんの挿絵によるところが大きいの

かもしれません。個人的に古庫裡婆な話が京極堂っぽくて好きです・・

というか若かりし日の京極堂が出てきますしね。久々に里村センセも拝

めましたし〜(笑)

 

ルー・ガルー 〜忌避すべき狼(京極夏彦・徳間書店)

この作品は近未来社会の設定を読者から提供してもらい、そのソースを京

極氏がまとめあげたというユニークな形式をとっている小説になります。

最初は世界観を上手く掴めずに一苦労。中〜後半は中々テンポよく読めま

したし、壮絶なシーンもあったりするのですが、個人的に憑き物落とし

威力はありませんでした。言葉では言い現せない京極堂の世界観を是非

楽しみいただけたらな・・・と思います。ちなみに美緒の切れっぷりが

きですわ♪猫も捨て難いですけど(笑)。

 

続巷説百物語(京極夏彦・角川書店)

談奇譚を集めるのが好きな黄昏時を生きる蝋燭問屋の若隠居な山岡百介

がある事件をきっかけとして出会った小悪党たちと繰り広げる物語の続編

となります。前作はこの小悪党達の登場する関係上(かは分かりませんけ

ど)おどろおどろしいところが多々見受けられましたが、続〜ではすっき

りと続編らしく書かれています。また前作では完全な受け身だった百介が

進んで狂言仕事に加担しているのも面白かったです。作品的には京極堂シ

リーズの江戸時代末期版(そうすると百介は関口、又市は京極道、おぎん

は誰?)なのでしょうがこの作品は短編連作形式なので安心して読めます

(?)実はこちらの作品の方が好き♪というな方もいるかもしれませんね。

 

【雨 百器徒然袋(京極夏彦・講談社ノベルズ・1150円)】

ご存じ京極堂シリーズの番外編にあたるこの作品は、作中に登場する奇妙

奇天烈な探偵『榎木津』を中心に描かれています。短編小説が3本入って

いるのですが、どの作品も結構読みごたえあります。個人的に榎さんファ

ンなので面白かったです。