井上尚登

 

 

T.R.Y.(井上尚登・角川文庫)

ジェットコースターノベルとでも申しましょうか。二転三転する展開に振り

回されながらあっという間に読み終えてしまいました。題材が詐欺という

とで『不夜城』のようにドロドロした展開なのかと思っておりましたが(確

にそういったシーンも当然の如く存在していますけれど)、主人公の性

か、時代背景か、作者の力量かは分かりませんけれど、実に軽快に

厭味無く進んでいきます。ただらっすとしーんまでもがあっという間に過

ぎ去ってしまい『あれれ?』という感じは残りました。印象的なシーンは『

公園で××』『革命だ、武!』『寂しく楽器を奏でる××』くらいでした。

実はこの本ってば衝動買いしてしまった作品なのでした。あと他の本を

読むかどうかはちょいと微妙かな。