go contents   go mystery home

 

【綾辻行人】

《作品》

 

緋色の囁き(綾辻行人・講談社文庫)

綾辻さんの作品ってたまにしか読まないので頭の中にあるイメージとして時

計館の殺人等の推理作家さんだとばっか(間違ってはいないんだけど・・)

思ってしまい、ホラー作家さんでもあることを忘れてしまっていて(このテ

イストの作品の方が読んだことが多いというのにも関わらずです)多少がっ

かりしてしまう事があります。実はこの作品も例外に漏れずその手の作品の

一つだったりします。今回はちゃんと購入前に冒頭の部分を見ると建物の見

取り図が載っていたので「これは本格モノの推理だな」って思っていただけ

に少々がっかり。でもこれは全部ふぇびが悪いんであって客観的にみれば水

準以上の作品だと思います。最後にまとめるのであれば『ホラーテイストな

ミステリー作品』といったところでしょうか。ちなみにこのシリーズは『呟

きシリーズ』というそうで、既にあと2作発刊されています。いつ読むかは

ちょっと決まってませんけど(汗)

【眼球綺憚(綾辻行人・集英社文庫)】

ホラー作品の短編集です。

個人的にグロい・・・と思う作品もありましたが、表題作の『眼球綺憚』、

最初の『再生』は面白かったです。あっという間に読み終わっちゃいました

けどね。

【鳴風荘事件〜殺人方程式2(綾辻行人・光文社)】

純粋な推理小説、読者挑戦型小説の第二弾です。個人的にすっきりと読める

綾辻さんの文体って好みです。ラストのどんでん返し×∞もぐっと引き寄せ

られます。前作を読んでいた方が面白いと思いますので、興味のある方は是

非お読み下さい。

【霧越邸殺人事件】

いつ読めるのかぁ・・・ずっと手元で温めている本の一冊です(汗)