go contents   go mystery home

【泡坂妻夫】




 

亜愛一郎の狼狽(泡坂妻夫・創元推理文庫)
&奇術探偵曽我佳城全集(講談社)

このミステリーがすごい!2001年度版で堂々1位を受賞した曽我佳城

リーズの総集編である本作品は主人公であるマジックの天才で現在は一線

退いている曽我佳城の性格やトリック巧妙さもさることながら作者のこの

作品に対する愛が感じられ、読んでいると一章毎にいとおしくなり、続けて

むのを躊躇ってしまう程です。さすが選考された作品だけあるな・・・と

関心しきりでした。一方亜愛一郎〜は作者のデビュー作です。こちらの作品

は眉目秀麗でカメラマン、推理している時とそれ以外の性目茶大きい主人公

「亜」が活躍(?)する短編集なのですが、最初の数章は面白みに欠け

るよな気がしましたが、終盤になると曽我佳城シリーズに通じるテンポ

の良さが出てきて面白かったです。亜シリーズはあと2冊発売されているの

読んみたいと思っています。