【Ali Project LIve "ARISTOCRACY〜甘き夢魔に耽よ" Easy & Another Report】

(正式版は後日作り直しますのでご容赦下さい・・・)

《前振り》

聖ルミナス女学院を見て以来、ずっとアリプロのライブに行きたかったので、今回のライブ

が発表されて絶対行ってやるって心に誓っていたのでした。しかし中々ライブの情報が流れ

てこなくて(スターパインズカフェのHPを見てもずっと情報未定だったのですもの・・)

やきもきしていました(汗)発表とほぼ同時にライブハウスまでチケットを購入しにゆくと

整理券番号が1〜3番で少々ビックリ。これなら楽勝で座れるかな?なんて甘い考えをして

いましたとさ。

《ライブ前》

一体みんなどんな服装で来るんだろう?というのが最大の関心事でした。女性はアリカさん

見たいな人が大多数を締めているのは想像出来るのですが、数少ないと思われる男性はどん

な格好をしてゆけばいいのだろう・・・と悩んでました。電車から降りて新宿の街の中を歩

いている時、少しでもそれ系の服を見かけると『みんなアリプロライブに行くのかしら・・

・』なんて思いながら(笑)少し早く会場に辿り着いたのでお茶をしていると友人から「も

う開場してるよ!」と言われたので慌てて入り口に辿り着く。ふと並んでいる人を見渡すと

大多数の人が普通の格好をしているじゃないですか!それにほんの一握りだと思っていた男

性が1/3程いたのにも驚きでした。

よーやく我々の入場(200番目くらいでした)となってCLMPさんからの花の差し入れ

をおお!なんて思いながら2階席へ向かう。すると特別席が設けてあって、もしかしてCL

MPさん達が来るのしら?と意味もなくドキドキしていたのでした。

《ライブ》

照明が落ちてmisererが演奏される。早くアリカさんが見たいと期待に胸を膨らませ

ていると少女貴族の演奏が始まりアリカさんが登場しました。ワインレッドのドレスを纏っ

たアリカさんは美しすぎでクラクラ・・・(以下略)。

演奏曲は基本的にニューアルバム『ARISTOCRACY』からでしたが、サロメティック・ルナテ

ィック、オフェリア遺文、ビアンカ、そして月光夜(目茶好きなの♪)ETC・・・アリカさん

のトークを交えながらの1時間半でした。驚いたのがほぼCDと同じアレンジで聴けたこと

です。三起也さんの打ち込みが演奏のメインとはいえ、ここまでそっくりそのまま演じられ

るとは思っていなかったもので(嬉しかったんですよ、念のため)。

アリカさんのトークで印象的だったのが「ご両親が画家で〜」の件とバイオリンのバイオリ

ンの渡辺さんを「もう放さない〜」(笑)、チェロの斉藤さんとの掛け合いで「アリプロは

どんどん世間と離れていく・・・」「結構ですわ」、「『闇の翼で全てをつつむ夜のための

ア』を作っている時に涙が出てしまいました。今日は大丈夫かな?」などなど淡々と語

るのですが何故か心に響くお言葉ばかりでした。

《ライブ後》

次回のライブがあれば必ず訪れます。また今度は前の方で(座って)堪能したいものです。