【小森健太郎】

何で読み始めたのかすら全く思い出せない小森さんの作品です(失礼m(__)m ペコリ)。
気に入った作品があると、一通りその作者の本を読まないと気が済まない体質なふぇびですが、
一通り読んでしまうと次のお気に入りの作家さんを探す旅に出なくてはならないので、きっとそう
して探した作家さんの一人だったのでしょう。

 

【空中庭園の殺人 (小森健太郎・ノン・ポシェット)】

上記作品と同じように読ませる系の内容でした。読ませるというのは謎解きではないという意

味です。落ちがあっさりとしているのも共通してます。読みやすいので是非どうぞ!      

【夢見の密室 (小森健太郎・ノン・ノベル)】

『恐るべきマヤの記憶が生み出した世紀末の怪事件。瞠目の精神世界ミステリー誕生!』

と帯に書かれた下に、本の帯に京極堂が『畏るべし。魔術師・小森健太郎』って書いてあっ

たので期待して読ませてもらいました。結果はというと・・・うん、これは面白いです。ただし推

理モノとしてでなく、ミステリーとしてですけど。話の進め方は読書をぐっと引きつけるものが

あります。流石京極堂がほめるだけありますね。ただミステリーとしては消化不良でした。小

森さんはこの作品の他に『空中庭園の殺人』という本も書いているのでそちらも読んでみなく

てははっきりとは分かりませんけど。