貴志祐介

 

【十三番目の人格-ISOLA-(貴志祐介・角川ホラー文庫)】

タイトルを見ればお分かりになるように一時流行りました多重人格モノです。阪神大震災時

に入院している心を閉ざした少女『森谷千尋』に出会い、人の強い感情を読み取る能力『エ

ンパス』を用いて心のケアに挑むが・・・といった内容です。う〜ん、この作品も最後がイ

マイチしまらない内容なのはホラー文庫だからなのかなー。結構夢中になって読んでました。

 

【黒い家(貴志祐介・角川ホラー文庫】

保険金の支払い査定係が主人公な社会派ホラー。何が怖かったって、そのリアルさがけっこ

うきてます。これの作品が処女作だそうですが、中々どうして読ませる内容に出来上がってま

す。今後貴志さんの作品を読んでみようと思わせる作品ですよ。