【桐野夏生】

 

【水の眠り 灰の夢(桐野夏生・文春文庫)】

昭和38年、オリンピック開催を目前に控え、高度成長を続ける東京を舞台にトップ屋と

ばれる男たちの熱い生き様を描いています。主役は村野ミロの父親善三です。物語的に

数の謎に挑むハードボイルド系なのですが、なぜか哀愁が漂っているのは、善三が時代にと

り残されてゆく寂しさなのでしょうか。あとミロも関わってきますのでファンならお勧めか

もしれません。

 

【天使に見捨てられた夜(桐野夏生・講談社文庫)】

以前に読んだ『顔に降りかかる雨』の続編で、女性探偵野村ミロが活躍する第二弾です。前作がイ

マイチな感じだったので今回は堂かな?と思ったのですが・・・・うーん、やっぱり個人的にはイマイ

チでした。ミロがキャラクターとして弱いというか何と言うか、前に読んだのが高村薫さんの作だった

のがいけなかったのでしょうか。

 

【顔に降りかかる雨(桐野夏生・講談社ノベルズ)】

凄く勢いのある文体です。最初から最後までトップギアに入れっぱなしって感じです。これは

好みが別れるかもしれません。この作品はシナリオやキャラクターより構成を重視した感じが

あります。次回作『天使に見捨てられた夜』(既に発行されてます)に期待ってところです。