fabienne top page   music factory

 

【Fabienne's Discography】

アルバム名

曲名

コメント等

【冒険クラブ】

冒険クラブ
きみにとどかない
逃亡者

Big Boys
バレリーナ
危険な世界
Heaven
Blue Guitar
僕のオートバイ
『冒険クラブ』の曲のイントロ部分がとっても綺麗♪これから始まりますよ〜って感じがよく出てますわ。

『逃亡者』素直にかっこいいです!

『雨』の詩とメロディーがマンガなのですけど『EIXT』(きみとぼく連載中)という作品の主人公たくやと元恋人のひなの関係(1〜2巻の頃ね)にとってもシンクロしているんです。絶対見てみて下さいませ。

最初に聞いた『危険な世界』に思い入れアリ。

【Colors】

 

1989

CBS/SONY

Holy Town
予感
Angel
Flower
トム・ソーヤ
鞄と靴
I Need You
Boy With A Gun
君をめぐる月
Wild Heart
個人的に初期アルバムの中で一番好きなアルバムです。

1曲目の『Holy Town』が一曲目らしくていい感じです。

『Angel』の掻き鳴らすギターがカッコよくて○。Angel→Flowersの曲の流れも○。

『君をめぐる月』のようなバラード調の曲もしっとり聞かせてくれて○。

【dream world】

1990

CBS/SONY

CSCL1509

Dream World
Romeo
Heart
Jangly Guitar
Winter's Tale
Dream Tour
i悪戯(いたずら)
ガール・フレンド
War
デジャ・ブ
飛行帽とゴーグル

このアルバム、日曜の昼下がりに聞きたいアルバムに仕上がっています。一番センチメンタルな出来ですわ。

このアルバムを最後に初期FABIENNEは解散、古賀森男さんのソロ活動が始まります。

全体を通して聞くことが一番多かったアルバムです。

『Dream World』は今までの一曲目と違ってスローなテンポになっています。古賀さんとFABIENNEとのお別れソングようなイメージに感じてしまうのか結果論でしょうか?10曲目の『飛行機とゴーグル』の曲調とイラストもまた然りです。

 

【古賀森男図鑑】

 

1992.

ファンハウス

FHCF-2048

ストロベリーにあいさつ
KiNG
SCOOTER
メリーゴーラウンド
恋愛図鑑
ギターマン
アイスクリーム
Little Guiter
冒険者たち
約束
パジャマでデート
CANDY
迷宮〜THE SEVEN SEAS OGF LOVE
僕の胸で
古賀森男さんソロアルバム第1弾です。

色々と新しい事に挑戦しようとする姿が伺えます。

面白い作りな歌詞カードですけど・・・・ちょっと読みにくいかも。

あんまり聞いていないのですけど・・・・『恋愛図鑑』『僕はギターマン』のシャウト『LITTLE GUITER』『冒険者たち』が記憶に残ってます。

【僕は太陽】

 

1993.11.18

MEDIA REMORAS,INC

 

愛の炎
わがまま
DRIVE
ひまわり
POWER〜愛のちから
君を感じてる
永遠に
古賀森男さんのソロアルバム第2弾です。

ギター弾きとしてアプローチが一番感じられるアルバムです。その代わり一番敷居が高いかもしれません。

【Gulliver.】

 

1995.11.18

MEDIA REMORAS,INC

 

INTRODUCTION
GULLIVER
勇気がいる
ブルージーンの王様
LOVE SONG
流星
空を飛ぶ感じ
HOLIDAY
WILD GUITER
旅人
おやすみ
古賀森男さんのソロアルバム第3弾です。

FABIENNE時代の曲調が戻ってきた(ような気がする)このアルバム、個人的に気に入ってます。

『勇気がいる』『ブルージーンの王様』がかっこよくて好きです。でも『勇気がいる』のアコースティックバージョン(シングル盤に収録)も捨てがたいですね。

【SONG BOOK】

1996

MRCA-10046

れいさんThanks!

Lion
駆けてゆく
Melody
ギターケースとはぐれたハート
Girl
青い風
花の向こうに
Love&Hate
Glider
きみが嫌い
架け橋
ただの月        

派手さはないのですが、非常にしっとりとした仕上がりになっています。とにかく聴きまくって下さい。それだけの価値があるアルバムだと確信しています。

LionとLove&Hateがお気に入りです。

【Fab.】

 

1999.7.22

WAX

TKCA-71646

ドリーム・クロニクル
日曜日
DRAGON
不思議なお話
星屑たちの夜
おんぼろオートバイ
A TREE'S SONG
BUTTERFRY
トロッティネット
DEVIL
明日の地図
Fab.
JANGLE GUITER 2
FABIENNE名義のアルバムとしては9年ぶりのアルバムとなります。ソロ時代に培ったサウンド+FABIENNEのイメージが絶妙にマッチしていて◎です。

個人的には2曲目の『日曜日』のサビの部分のメロディーと13曲目がFABIENNEらしくて気に入っています。『おんぼろオートバイ』も古賀さんらしくていいし『ドリーム・クロニカル』も押さえておきたいし・・・結局全部いいんじゃん(汗)

歌詞カードのcreditの部分を読んで笑わせていただきました。

【Once Upon A Boy】

 

2001.12.03

STRANGE DAYS
RABEL

SDL-1210

Once Upon A Boy
ハックルベリー・ストーリー
ダスティ・ホフマンの眼鏡
ラヂオ少年
お昼休み画報
Umbrella
Cafe wonderland
 (Instrumental)

 

これが今回のお宝な品のです♪

Fab.から2年ぶりのアルバムはFab.よりもより一層Fabienneらしさが戻ってきたアルバムに仕上がっています。
今作ではメンバーが3人に戻りました。またキーボードに永野ルイ氏を迎えています。

アルバムのタイトルである1曲目がお気に入りです。この曲を結婚式で使っちゃおっと(笑)

2曲目はフェビアンの王道的な曲です。少年がテーマな曲を聞くとホッとしてしまうのは私だけ?7曲目はギターが入っていませんがしっとりとして落ち着かせる曲ですよ。

【Antiques in the attic】

 

2002.8.5

STRANGE DAYS
RABEL

SDL-1213 R-0260077

01.冒険クラブ
02.予感
03.逃亡者
04.Scooter
05.Jangly Guitar
06.悪戯
07.雨
08.ストロベリーにあいさつ
09.危険な世界
10.恋愛図鑑
11.トム・ソーヤ 12.Winter's Tale
13.Blue Guitar
14.飛行帽とゴーグル

初期作品を中心に選曲されたセルフカバー集。

昔の曲のイメージを懐かしみつつ、今のフェビアンの音源で聴けるといったファン待望の作品なのです。

一番印象が変わったのがストロベリーですか。ライブで聴く&このアルバムで聴いて凄く好きな曲になりました。

【レインボウ・  
    フラッグ】

 

2004.3.20

STRANGE DAYS
RABEL

 


01.螢
02.ダッフルコーツ
03.Simple days
04.虹の旗
05.Wonderland
06.小惑星B-612
07.単独飛行(instrumental)

【Once Upon A Boy】と対をなすミニアルバム。

古賀さんのコメント通り、ファンタジー色は薄く、とんがった曲が多いのですが、私はこちらサイドの方がどちらかというと好きなの。

激しくギターを弾く曲はありませんが心にシットリとしみ入る曲が多いです。

聴き込めば聴き込む程味のあるアルバム。史上最高傑作との評価も。

【silent bell】

1989 CBS SONY

WSDB-3042

1.silent bell

2.僕の森

3.ハルモニオデ゙オン

遊佐満森さんと古賀さんのデュエット曲。とても綺麗なクリスマスソングです。

個人的にはこの曲がBest-Christmassongです。