【漫画放談に戻ります】

遠藤淑子

シナリオ、絵のタッチ共に一見すると地味なのですけど、心にしみ入る(ぐっとくる)

お話が多く、好きな作家さんの5本の指に入っています。

一番最初に見たのが『ハネムーンは西海岸に』でした。

この作品を皮切りに殆どの作品を見た押してきましたが、その中でも『マダムとミスター』

シリーズが大好きです。またその中でも『ニューイヤー』は涙無しには語れない作品に仕上

がっています。

今後は白泉社文庫から順次リリースされるようでホッと一安心なのです。

名作を世の中から消すようなことはあってはいけない!と強く思う作家さんの一人です。

 

『王室スキャンダル騒動』
『南から来たインディラ』
『山アラシのジレンマ』
『ハネムーンは西海岸へ』
『スイート ホーム』
『退引町1丁目15番地』
『退引町お騒がせ界隈』
『夢見る佳人』
『兄貴』
『ラッコはじめました』    ★★★☆☆
『だからパパには敵わない』  ★★★☆☆
『天使ですよ』
『いつか夢の中で』      ★★★☆☆
『マダムとミスター』     ★★★★★
『心の旅路』         ★★★☆☆
『狼には気をつけて』     ★★★★☆
『ヘヴン』          ★★★☆☆
『スマリの森』        ★★★☆☆
『空のむこう』        ★★★★☆ 
表題作の『空のむこう』と『すのう』が遠藤節たっぷりで大好き♪