校長室より        校長 神尾義敬


 む す ぶ    

 サクラソウの花が風に揺れ、春がすぐ近くまで来ていることを教えてくれます。
 平成26年度も授業日でみると10日余り。卒業、進級が目の前に見え始めました。
子どもたちにとって、教職員にとって、学校にとって「むすび」の時期です。1年間を振り返り、成果と課題をまとめます。そして、新たなスタートの準備をします。
 地域の皆様、関係諸機関の皆様のご支援に感謝申し上げます。また、今後ともよろしくお願いいたします。


  つ な ぐ   H27.1.30

 1月22日に長縄集会がありました。8の字跳びで各学級、新記録をめざしました。8の字跳びのよさは、学級の子どもたちが気持ちを合わせ、一丸となって取り組む点です。また、担任もこの集会に向けて、子どもたちの技能や意欲を高めていかなければなりません。縄跳びが得意な子も得意でない子もいます。しかし、学級でがんばっていくためには協力し、声をかけあっていかなければなりません。当日は、各学級とも素晴らしい成績を上げることができました。また、24日には市民駅伝大会があり、子どもたちが大活躍してくれました。このがんばりを次の活動につなぎ、新年度の準備をしていきたいと考えております。


   人権意識を高め、心を育てる  H27.1.6

 新しい年、平成27年がスタートしました。子どもたちが、夢と希望をもち、高めあえるような教育活動の展開を目指してがんばってまいります。保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様、ご支援、よろしくお願いいたします。
 1月を「人権意識を高め、心を育てる」強化月間といたしました。子どもたちが安心して学ぶためには、どの子にも居場所があり、活躍する場があり、認められる環境が必要です。そうした学級・学年・学校をつくるためには、一人一人の心を育てていかなければなりません。道徳教育の充実、人間関係づくりのためのソーシャルスキルなどを積極的に取り上げてまいります。子どもたちの表れ等、お気づきの点がございましたら、ご連絡お願いいたします。


  正の連鎖     H26.11.28

 収穫の秋になりました。子どもたちが学校や校外でいろいろな経験を積んだ11月でした。1日(土)には、熱海高校の文化祭に1・2年生の有志38名が参加し、エイサー部と共演しました。8日(土)の南熱海マリンホールで開催された福祉祭りでは、4年生が歌とダンスを披露しました。13日には、うみえーるでマラソン大会を開催しました。どの子も精一杯がんばり、保護者の皆様の応援のもと、普段ではできない経験をしました。17日には、来宮神社の楽士の方に来ていただき、雅楽の鑑賞会(6年)を開催しました。22日の校内音楽集会、公開授業は全校で取り組みました。
 また、PTAの皆様も16日の熱海市PTA協議会研修集会では「親子で防災意識を育てよう〜子どもの命を守る〜」を発表し、高い評価を受けました。22日のPTAバザーでは保護者の皆様が中心となり、多様な活動を展開していただきました。
 ご紹介できない活動もあるのですが、子どもたちのがんばり、保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の協力が正の連鎖をつくっていると感じております。


  支えられて H26.10.31

 10月15日、16日の市内陸上記録会では6年生が大活躍してくれました。また、10月23日の市内音楽発表会では5年生が力を合わせ素晴らしい歌声を響かせてくれました。さらに、多賀小学校の防災教育について、静岡県知事褒賞が授与されることが決定しました。子どもたちの頑張りもありますが、保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様が学校の教育活動を見守り、支援していただいた成果です。本当にありがとうございます。
 一方、学校としてまだまだ至らない点があったり、地域の皆様にもご迷惑をかけたりしている点もございます。様々なご意見を謙虚に受け止め、多賀小学校の教育の推進に子どもたち、教職員とともにがんばっていく所存です。今後ともご支援、ご協力をお願いいたします。


  子どもたちが輝いていました  H26.9.30

 9月20日に運動会が開催されました。小雨交じりの天候の中、どの学年もせいいっぱい競技や活動に取り組みました。多賀小学校に着任してからの3回目の運動会、子どもたちが確実に成長している姿を見ることができました。特に5・6年生の「和」〜多賀っ子ソーラン〜は、きびきびした動き、豊かな表現力、最高のできでした。
 保護者の皆様、地域の皆様の力をお借りしながら、この成果を次の活動につなげていきたいと考えております。ご支援、よろしくお願いいたします。


 2学期のスタートです。  H26.8.27

 子どもたちが、明るい笑顔とともに学校へ戻ってきました。静かだった校舎がにぎやかになりました。どの子もエネルギーを蓄え、パワーアップして2学期を迎えたようです。きっと充実した毎日を過ごしたことと思います。
保護者の皆様、地域の皆様のご支援により大きな事件や事故もなく無事2学期を迎えることができました。ありがとうございました。
 今学期は、運動会(9月20日)、市内陸上記録会(6年生・10月15日)市内音楽発表会(5年生・10月23日)、社会科見学や生活科の校外学習等、大きな行事が続きます。子どもたちにとって、チャレンジし、大きくはばたき、成長する機会です。楽しいことありますが、頑張らなければならない、乗り越えなければならないこともあります。学校でも教職員や仲間が子どもたちを支えてまいりますが、ご家庭でも応援し、子どもたちに力を与えてほしいと考えています。


経験が育てる  H26.6.30               
                       
 アジサイの花が美しい季節となりました。
 夏の花、ヒマワリやカンナも出番に向けて着々と準備をしています。自然の移り変わりの中で、各植物が花を咲かせる準備をしていることに驚きを覚えます。
 6月11日・12日と6年生の修学旅行に参加しました。上野から浅草まで徒歩で移動する班と一緒でした。(極力アドバイスはしないように心がけました。)
 班活動のスタート時点では、自分たちの位置がわからなかったり、方向がつかめなかったりしました。かなり困っていたのですが、大人の方に尋ねたり、表示してある地図を確かめたり、地番表示を見つけたりしながら、移動できるようになってきました。子どもたちは、おどおどしていたのですが、徐々に自信のある表情に変わってきました。
 経験が子どもたちを育てる姿を見た感じがしました。子どもたちの潜在的な力を信じて教育に取り組まなければと決意を新たにしました。


   教育から共育へ  H26.5.30

 5月22日・23日と5年生の野外教室に参加しました。
 昨年度より、防災教育を意識して内容を一新してまいりました。交通遮断を想定しての長距離を歩く経験(14キロメートルの山道)、避難所生活を想定してのパーティションの設置やアルファー米の食事、野外でのパン作りなどです。今年度は、PTAの皆様も一緒に参加し、子どもたちを支援してくださいました。
 「命を守ること」は、子どもたち、教職員、保護者の方にとって最優先事項です。訓練として、同じ場で、同じ活動をすることで、参加者が、交流し、育っていくことができると確信しました。新しい学びの可能性を感じた野外教室でした。


 少し離れて見れば・・・   H26.4.30

 さつきの花が美しい季節になりました。
 難航していた理科の非常勤講師も元大池小学校の赤士先生にお願いすることが決まり、教職員が一丸となって教育活動に取り組む体制が整いました。
 4月23日には、児童会主催で「多賀っ子入学式」が開かれました。どの学年も創意工夫し生き生きと活動していました。子どもたちが輝いて見えました。
 ご家族の立場に立つと、一緒に生活していると子どもたちの成長を実感する機会が少ないかと思います。どちらかというと心配なことが目につきます。しかし、子どもたちは日々成長しています。生活を離れ、少し違った場で、子どもたちの様子を見ていただければと思います。すると、一人ひとりの成長を確認できます。その成長を認め、励ましていただければ、子どもたちのさらなる成長につながります。保護者の皆様も、教職員も、時には、離れて子どもたちの様子を見ることが必要だと思います。


  新年度に寄せて  H26.4.8

 桜の美しい季節となりました。海の色も春の日差しを受け、きらきらと輝いています。
4月1日に、9名の職員が着任し、7日には新入生52名が入学しました。いよいよ平成26年度のスタートです。
 今年度は、熱海市教育委員会の研究指定1年目にあたり、国語の力を高めていくための研究に取り組みます。
 また、昨年度に引き続き、「考え、表現し、行動する子」という学校教育目標の実現をめざします。「@ 話を聴く A 時刻を守る B 家庭学習100%」という重点指導事項の徹底を図りながら、全教職員力を合わせて努力していく所存です。ご支援よろしくお願いいたします。