TOPへ

ホームページサービス

戻る

CGI:カウンタ

訪問数を表示するには?

カウンタを利用するにはHTMLファイルの修正が必要になります。

HTMLファイルの確認方法は?

    Webブラウザから、CGI:カウンタを設置したHTMLファイルにアクセスします。
    設置イメージ例のような画像が表示されれば、カウンタ設置作業が完了です。 これで、お客様がdfパラメータで指定したデータファイルが作成されたことになります。
    注意:表示カスタマイズ用パラメータでカウンタを非表示にしている場合やパラメータ指定に誤りがある場合は、 画面表示されることなくデータファイルの作成とカウントアップが行なわれます。

現在日時を表示するには?

    設置イメージ例)

    現在年月日:

    現在時刻:

    HTMLファイルは、以下のように記述します。

    現在年月日
    <img src="http://cgi01.i-younet.ne.jp/
    cgi-bin/Count.cgi?display=date|df=xxxxxxxx.count.dat">

    現在時刻
    <img src="http://cgi01.i-younet.ne.jp/
    cgi-bin/Count.cgi?display=clock|df=xxxxxxxx.count.dat">

    上記HTMLソースを挿入してください。[xxxxxxxx]の部分には、必ずご自分のFTPIDを指定してください。
    紙面の都合上、2行表示になっていますが1行に記述してください。

デザインを変えたい場合には?

    <img> タグの"df="の前に、表示カスタマイズ用のパラメータを記述し "ft=4|"のように、最後に"|"(一般的なキーボード環境では、[Shift]キーを押しながら[¥]キーを 押すことで入力できます)を記述してください。尚、パラメータを複数設定することもできます。

      例)
      <img src="http://cgi01.i-younet.ne.jp/
      cgi-bin/Count.cgi?ft=8|dd=D|df=XXXXX.count.dat">


パラメータ説明

パラメータ説明初期値
指定しない場合の値
基本パラメータ
df=DATA_FILE カウンタ値を保存するデータファイルを指定する。
異なるファイル名で複数のカウンタが作成できます。 尚、一度作成したデータファイルの編集・削除(例:カウンタ値のリセット)はできません。
無し
表示カスタマイズ用パラメータ
ft=X 枠の太さをドット単位で指定する。 ft=4
frgb=R;G;B 枠の色をRGBまたは16進数で指定する。 frgb=100;139;216
または frgb=648bd8
trgb=R;G;B 文字スタイル中の透明化する色をRGBまたは16進数で指定する。

注意:

trgb指定後にtr=N指定した場合は、trgb指定が無効になります。
trgb=255;255;255
または trgb=ffffff
tr=N

trgbで指定した色の透明化を行なうかを指定する。

 Y : ON
 N : OFF

注意:
tr=N指定後にtrgb指定した場合は、tr=Nが無視されtr=Yになります。
tr=N
md=X 標準表示桁数を5から80の間で指定する。(指定桁数を超えてカウントアップされた場合は、1桁増えた形式で表示される) md=6
dd=A

文字のスタイルを次のいずれかで指定する。

dd=A(透明化可能)
 

dd=B
 

dd=C
 

dd=D(透明化可能)
 

dd=E(透明化可能)
 

dd=cd
 

dd=cdr
 

dd=cdd(透明化可能)
 

dd=bang
 

dd=A
comma=X

3桁ごとのコンマ(,)の表示/非表示を指定する。

 Y : 表示
 N : 非表示
comma=N
sh=Y

カウンタの表示/非表示を指定する。

 Y : 表示
 N : 非表示(カウントは、記録されます)  
アイデア:カウント確認したい場合は、一般公開しないHTMLに本パラメータをYにしたページを作成することで確認できます。
sh=Y
degrees=X 回転角を90, 180, 270のいずれかで指定する。 無し
補足機能パラメータ
st=X カウントアップ開始時における初期数値を指定する。既にカウントアップが開始されいるカウンタ(一度作成されたデータファイル)に対しては、設定が無効となる。 st=1
lit=X カウンタの代わりに表示する値を指定する(設定した値で固定表示になる)。 無し
display=X

現在日時を表示する場合に、date、clockのいずれかを指定する。

 date : 年月日
 clock : 時刻
無し
dformat=X 現在年月日(display=date)を指定した場合の書式をmmddyy、ddmmyy、yymmddのいずれかで指定する。 dformat=mmddyy
tformat=X

現在時刻(display=clock)を指定した場合の書式を12、24のいずれかで指定する。

 12 : 12時間表記
 24 : 24時間表記
tformat=12

▲PAGE TOP